2010年10月23日

浅川マキ歴代スタッフ選曲のベスト盤「Long Good-bye」

浅川マキ歴代スタッフ選曲のベスト盤「Long Good-bye」

ロンググッバイ、そう、寺山さんの18番ですね、なんどもモチーフにして、いろいろな作品になっています。
その一つとして、浅川さんにも送られたもの、それにちなんで、このベスト盤のタイトルになっている。

ロンググッバイというと、ハンフリー・ボガード、通称、ボギーと、寺山を思い出します。
どっちも徹頭徹尾、芝居がかっていて、カッコいいんだけど。。。
posted by ガレージランド at 10:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺山修司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

J・A・シィザー氏監修「わたしの演劇ノート展」、パルテノン多摩で開催中

J・A・シィザー氏監修「わたしの演劇ノート展」、パルテノン多摩で開催中http://www.tamapre.jp/news/2010/10/07/engeki-note-ten.html

パルテノン多摩では今月16日(土)、17日(日)の2日間にわたり実験的幻想音楽劇『阿呆船』(企画制作:演劇実験室◎万有引力)が上演されるが、同施設2階の市民ギャラリーでは関連企画展示として、J・A・シィザー氏が監修した「わたしの演劇ノート展」が開催中だ。

『阿呆船』の演出・音楽・美術を手がける同氏の約40年におよぶ演劇活動を、多彩な個人コレクションと資料で振り返るという趣旨で、期間は17日まで(13日と14日は休館日)。時間は午前11時から午後5時で、入場は無料。
posted by ガレージランド at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺山修司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

不人気と無能なら、不人気でいいと思うので、私は小沢さんがいいと思います。

菅さんって、総理大臣になってなんか実績あげたっけ?

なにをしたいのだかわからんよ、クリーンな政治とか言っているけど、クリーンなだけでなにかよくなるのかい。
誰かとケンカをする時は急に元気になるだけ、ただの政治屋さんだと思う。
かといって選挙に強くないことはこの間の参議院選挙で明らかになったわけだし。あの仙石という人も同じだな。なにをどうしたいのかわからない。
円高で株安でもなんにもしなかったんだよな、この内閣は。カネにきれいだ、数の政治はしないのだ、独裁はよくないだ、と、きれいごとならべて人気とって、それでどうなるのかわからない国民有権者を相手に、ますますその舌は良く回る。あきれてものも言えない。
無能であるが、人気がある、そう思うけど、小沢さんが有能だが人気がないって言うのは言いすぎか。
無能を証明した菅さんはもういいので、有能かどうか小沢さんを試したみるべきだと思うがね。
posted by ガレージランド at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポリティックス ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

面白い動画

わかる人には面白い
よくできています。感動すらします。

件のゲームは後日、中断した時点からの再試合となり、川崎が勝ちましたけどね。
鹿島サポですが、拍手。
posted by ガレージランド at 10:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

なかなかの本 「官僚とメディア」魚住昭



例の小沢一郎さんへのマスコミの攻撃あたりから、本当にこの国のマスコミはやばい、信用できないと思うようになって、今ではほとんどテレビも新聞も意識的に遠ざけている。むしろ海外メディアや週刊誌を良く読むようになった。

この本を読んで、さらにその思いを強くした。

報道とかジャーナリズムとか、エラそうな、特に筑紫哲也がいたこたころはそういう、反権力、反官僚で社会の木鐸として、期待していたこともあるのだが。要は連中はグルになって大衆を動員し、有権者の流れを作り、官僚がたばになって國を統治する手先なのである。

佐藤優の言葉を引用すると、官僚は宦官である。そして選挙で選ぶことのできない。このねじれた人間たちは巧妙に支配をこれからも続けてゆくだろう。そしてマスコミは宦官の犬である。

かんなおとさんは「財務大臣なんかやるのではなかった」と財務省にふきこまれた消費税で選挙を負けたと分析している事を示唆しているが後の祭りだよ。





posted by ガレージランド at 10:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村、惜しい W杯決勝敗退

野村惜敗

この時代の真の天才、野村。
我々、凡才にはわからない、あっち側に近い人。
単純には比べられないが、同世代のイチローにも勝るとも劣らないと思っているんだが。
輝くためにやっているじゃなくて、もっと遠くを見たいからやっている感じ、そこへ向かっている時の苦悩と恍惚、野村を通してしかみることができない、それを見ているしかできない私だが、あっちの世界がどうなっているか見せてもらうためにもっと野村を応援している。
posted by ガレージランド at 09:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

ジョニー・マーのインタビュー



立読みだけだったかけど、年代とグラスゴー、マンチェスター、アイルランドとかの地域を切り口に、年代ごとにディスクを紹介しながら、ジョニーマーなどのインタビューを挟んだ、濃厚な内容。
ラフトレード、チェリーレッドなどのインディーレーベルなどもフォローがあって、あのころイギリスものにどっぷりだった私のようなものには、読んでいて飽きない内容だ。
なにより著者の思いが伝わってくるような作りになっている。

しかしアズカメのファーストの紹介が秀逸だった。
ああしか書けないでしょ、あのころのロディー・フレームの才能、そして歌声とギター。
僕はあのアルバムを死ぬまで聞き返して、二度々戻らない日々を思いやるだけでなく、清新なきらきらした生命の輝きに希望を持つことだろう。
posted by ガレージランド at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロスビート  80年代を振り返る 懐かしい、それだけ



当時は「空白の80年代」みたいなこと言われたけど、こうして観ると結構中身が濃かった。
MTVに代表されるアメリカの状況(マイケル、マドンナ)とブリティッシュインベイジョン、当時は全部ごった煮だったけど、歴史がつけた評価を基準にまとめてあるから、読みやすい。
U2が来日したころの新宿の風景とかも、あわせてバブル前夜のあの輝ける日本の空気までも思い出させてくれる。
あとは、ミュージックライフからの掘り出し記事、とくにジャパンとか
ロキシーミュージックとか、イギリスの匂いが遠い記憶をくすぐるな。
posted by ガレージランド at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

テロ国家 イスラエル



イスラエルのやっていることは、憎むべきテロ攻撃である。
中東の非核化なんてことを言っているオバマは早晩やられてしまうだろう。
posted by ガレージランド at 03:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロージー滝川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この夫婦



ルーリードの私生活なんて全然知りたくもなかったから、ちょっとびっくりした。

企画自体は意味不明なんで、コメントしようもないが、もはや貫禄。

最近は来日しているのかな、15年位くらい前の中野サンプラザのライブはすごく気持ちがよかった。
posted by ガレージランド at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。