2013年05月03日

憲法記念日につき

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや
寺山修司

かっこいいねえ、まるで「カサブランカ」のボギーですねえ。
でもあの映画のラストシーンでは「愛国者」になるんですけどね。

寺山はこうも言っている。

人力飛行機ソロモンのなかで昭和セイゴが披露していた。

ぼくにとっての日本は、一枚の日の丸の旗であった。風にひるがえる日の丸の旗を仰ぎながらぼくは思ったものだ。なぜ、国家には旗がありながら、ぼ自身には旗がないのだろうか、と。国家には「君が代」がありながら。ぼく自身には主題歌がないのだろうか、と。夏に死にそこねたセミが、この飛行機の翼弦にとまって鳴いていたが、思えばセミも又ひろげた翅を旗としてその鳴き声を歌とし、国家と釣合うほどの象徴をもっていた。月光仮面も自分の歌をもっていた。赤銅鈴之助も自分の歌をもっていた。だがぼくにはオンボロの旗もたった四少節の歌もなかったのだ。なるほど国家主権はもはや妄想となってしまった。そして、ぼくらは政治国家を単なる管理機関としてしか見なくなり、自己確証として、死滅した国家にとってかわるものを自らのうちに求めようとした。「ひとが誰でも、じぶんの作ったものの中にしか住むことができない」とするならば、自らをして国家たらしむるほかはないだろう。つまりもっと規模の小さな共同体は、ぼくにとってはぼく自身の存在であり、ぼくを構成する肉体と支配、同一化と分極、必要とされる管理と支配、それらこそまさに日本問題ではなかったのか、と。ぼくはぼく自身にとっての国家であり、そのことはあなたの、あなたの、あなたの、あなたの、あなたの、百万人の問題でもある。ヘーゲルは国家を理性の現実態であると言い、人倫の担い手が国家であるといったが、いまやぼくにとってぼくの論理を現実化してゆくのはこの眼であり、腕であり、そしてこの喉からほとしばしり出る声の機関車である。血はぼくの肉体、ぼくの国家を走り抜ける鉄道であり、そのすべての始発駅は心臓である。ぼくはぼくの心臓駅のプラットフォームから、ぼく自身に向かって日本論をぶちまけよう。事物も人間も、あらゆる世界の現象も、思い出せば日々の「命令」によって創造されたのであった。命令は四散した事物を回収し、一家を集合せしめ、眼には光を、群集には国家を創造させる。だが一体、誰がその命令をおくり出したのか?誰がエイハブ船長に鯨狩りをつづけよと命じ、誰がジンギスカンからトロッキーにいたる人びとに絞刑吏たれと命じ、誰が平原に雨を降らせよと命じ、誰が沓掛時次郎に旅立てと命じ、カラスにとべと命じ、サビンコフに爆弾を投げよと命じたのか?言葉は忽ちぼくの肉体を集合体として扱い、国家を幻想した。見よ。ぼくはぼく自身の国家である。ぼくはぼく自身の国家である。ぼくはぼく自身の国家である。―そしてぼく自身の歴史は未だに記述されたことはなかった。

長いけど、つまりは「戦後、家長制が失われたら、個人主義がやってきた。我が国において我々と国家などが結びつく絆は生まれることなく、国家は死滅した。残ったのはこの僕、すなわちこれからは、ぼくはぼく自身の国家である。国家から独立し、歴史に参加するのである」なんてことだ。

最初の歌が提示した疑問に対する答え、命をかけるのは自分国家なのだ!

ところで現行憲法では「個人の尊重」が明記されている。
国家の前に、個人があるわけである。これは個人がなにがしたいのかが重く、国家が個人に介入することを防いでいる。

あべ政権が盛んに憲法改正と叫んでいるのは、国防軍を明記するとかもっともらしいことを言っているのだが、そんなことよりこの「個人の尊重」を撤廃したいようである。
まあそうだよな、このまま個人のやりたい放題にさせていたらこの国土から人がいなくなる一方だし、残った人も適当に働いてあとは国になんとかしてもらおう、なんてことだからな。
強制的に国家に奉仕させなければ、クニが崩壊する、ってエライやつが考えるのも無理はない。
一方で、憲法から「個人の尊重」がなくすことに賛成ですか反対ですか、って言われても、なかなかわかにくいだろう。
日本はどういうわけか、この個人の尊重という憲法の精神をありがたいともそうでないとも思っていない。
今の憲法が西洋民主主義的であるのは、この個人の尊重の思想があるからであるのだが、これが占領軍がぽいっと「これ当然でしょ」と置いて行ったものだから、意味が良くわかっていないだろう。国家の横暴から主権者である国民を守る、ということ宣言し、そのために各条項で縛りを入れてあるのだ。安倍氏がテーマにしている96条もこの「守り」の一部である。
自衛隊を合憲とするために9条を改正する、それはいいことかどうかは国民が議論すればいいだけで、そのルールとして96条のルールに従えばいいのだが、このルールを「ハードルが高すぎる」と氏は言っている。
馬鹿をおっしゃいますな、今の時代、新聞が書かなくてもネットでなんでも調べられますがな。
アメリカのほうが厳しいくらいですよ。
「アメリカの場合、上下両院の3分の2以上の賛成で発議され、全州の4分の3以上の州議会の賛成があれば承認される」ですが。
これにどう反論されるのかはわかりませんが、ハードルが高いからハードルを下げて9条改正やら個人の尊重を緩和しようとするのは褒められた考えではないように思う。
なにか子供じみた言い訳と欺瞞、そして楽な方法で議論を避け、胸を張れない結果となるように思える。これで自主憲法と西欧に説明できるのか?その方法も内容も。

というわけ、安倍政権、自民党と維新の会などが「やろう、やろう」と思っていことは誠にくだらない。面倒な議論を重ね、真剣にやろうとしないと、結局はまた恐ろしい時間とコストがかかることになるだろう。

寺山修司が生きていたころはもう少しましだったと思うが、自分のなかに国家を持て、ということがなにかを気づかせるという遊びでもなく、へたれに対する挑発でもなく、真剣に国家をもつという大事業を個人がする時がきたのだ。
国家がつぶれる前に、ぺちゃんこにされない自分を作り、戦うのである。


posted by ガレージランド at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺山修司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

勉強しよう

安部総理が言う
「憲法改正のハードルが高すぎる」

アメリカの場合、上下両院の3分の2以上の賛成で発議され、全州の4分の3以上の州議会の賛成があれば承認される。
それでも憲法改正を6回やっているのだそうだよ。

家族を大事にする、とか、国軍を持つ、とか、国歌を定める、とかやりたいことがあるのだったら、それを正々堂々やればいいのに、
まず96条改正、なんてことは邪道でしょ?
ルールが厳しいからルールを緩和し、好き勝手やろう、といはいかに?
大人のやることではない。
96条改正を推し進めようとしている人は、そういう国家しか作れない、恐らく。
ルールが厳しければルールを変えればいい、お子様国家である。
十分議論をすればいいのだが、議論を放棄し、自己が有利な環境を作ってそこで勝負。
憲法とは国家の横暴から国民を守るのが目的だったはずで、厳しいほうがいいのだ。
倒錯した振る舞いの果てになにが待っているのか、それは破滅だろう。

posted by ガレージランド at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポリティックス ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

2013年04月01日

没後30年特別企画「寺山修司と日本のアヴァンギャルド」。

「寺山修司と日本のアヴァンギャルド1960-1970年代を中心に」
開催期間 /〜2013年4月7日(日)
開催時間/10:00〜19:30
会場/Bunkamura Gallery(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
入場無料
Tel./03-3477-9174
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/130327terayama.htm
posted by ガレージランド at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺山修司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

哀悼 山田五十鈴

山田五十鈴さん:死去95歳 映画、舞台で活躍

俺にとっては必殺の「おりくさん」だね。
必殺仕事人パート3はすばらしかったが、特に山田五十鈴の存在感は出色だった。
登場回数は限られていたが、中条きよしとの「三味線屋」は関西で作れられる江戸というパラドックスからでた大変な「駒」であった。
あんな女優は最近ではいません、なんてもう何億回も言われているだろうが、本当にそうなのだ。

この10年、お姿はみることができませんでしたが、どうか安らかに。合掌
posted by ガレージランド at 16:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ 映画 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

かたき討ちの時代

担任「やりすぎんなよ」 大津自殺、暴力見た生徒が証言
7月6日(金) 17時38分配信 朝日新聞
 大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が昨年10月に自殺した問題で、同じ学年だった複数の生徒が、教師がいじめたとされる生徒の暴力行為を見ても、「あんまりやんなよ」と言いながら、ほとんど止めようとしなかった、という趣旨の証言を生徒の家族にしていたことがわかった。

この教師にも家庭があり、子供があるのだろうか?

あきらかにこの教師には問題があり、その問題を可視化された仕組みのなかで適正に処分できないのであれば、滅亡するほかないように思える。

滅亡した後に、復讐を許さざるを得ない社会となればいい。
かたき討ち、大賛成である。

我々の祖先はそうしていたのであるから、それにならうべきである。
復讐する権利を国家に一時的に預けていることを思い出すべきである。

posted by ガレージランド at 18:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 劣化していることを憂う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

さらばヒッピー

ジョブズは神でもなんでもなく、すこし賢いコンピュータを良く理解したヒッピーであるというのが、私の見解である。
理由はこの映画をみればわかるかも



この映画はかなりデフォルメされてはいるが、大筋では事実であるようだ。ヒッピーのヤツらのモンキービジネス、虚々実々の駆け引き、その心は剽窃のそしりなんか成功すれば気にせずにすむ、とばかりに強引に前に進んだ若き日のジョブズ、ゲーツ。

彼らの青春武勇伝が今のネット社会のスタートであった。ゼロックスでもなくIBMでもなく、それらを手玉に取った若造たちが主導できたからこそ、この驚異的な成長力となっているのは否定できない。

とはいえ、彼らも年を取った。
ジョブズは確かに若かったが、彼が作ってきた世界では十分すぎるほどだ。
とっくに引退して余生をおくるのがアメリカンドリームなのだから、引退していいのである。
しかし今でもなおヒッピーなのだから、オンザロードなのは当たり前。
その途中で倒れた。
それならばやはり我らの英雄だろう。
しかしやはり神ではない。
シリコンを応用し、自由をもたらした稀代のリーダー。

でもなにをしたかったのかはよくわからない。
人とは違うことにこだわったのだけがよくわかるけどね。
iphoneが売れすぎてからこっち、さすがのスティーブもその先の世界は語れなくなっていたような気がするからだ。
クラウドなる世界で不可欠なデバイスのリーダーになったが、そのアップルがクラウドを作るところまではいけなかった。
このプラットフォームでなにかを作るところまで見せてほしかったような気がするのである。


posted by ガレージランド at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

モータースポーツの終焉とこの文明の終わりの予感



日本でF1が開催されなくなり、インディーも終わった。この政界的規模のモータースポーツの祭典に参加していたホンダモーターがレース活動を縮小するためである。
ホンダという会社が10年前とは変わってしまったこと、いや変わらざるを得なくなった世界経済の失速が大きな要因ではあるが、では経済が回復すればホンダはレースを再開し、日本にGPシリーズが戻ってくるかと言えばそうでないような気がする。
ホンダという会社は実に奇妙に見える。いや車メーカーがそうなのかもしれないが、その時代の要求を先鋭化することにかけてはホンダが一番先鋭的な
posted by ガレージランド at 07:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

中村とうようのこと

中村とうようが亡くなって、改めて氏の音楽評論のみならず、社会思想も含めていろいろ言われている。
くだらないことに思える。
結局、好きか嫌いかの話で、どちらにしても大した価値はない。
中村氏の価値はこういう価値のない議論を巻き起こすことだ。
中村氏を知らない人が氏の著作に触れて、何かを感じる時まで、本当の評価はわからない。
posted by ガレージランド at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | so what? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

スペースシャトル チャレンジャー爆発事故の直後にレーガン大統領が行ったテレビ演説

1986年にスペースシャトルがうち上げ直後に爆発した。その船の名前はチャレンジャー。7名の乗組員は大空に散った。
テレビで生中継された惨劇にアメリカはもとより、世界中の国が言葉を失い、深刻な精神的なダメージを負った。
それを鼓舞するかのごとく、大国のリーダーとしてふさわしい演説をレーガン大統領が行った。それは語り草となり、今でもすばらしい演説ランキングの上位に数えられている。
当時私は大学受験を控え、受験英語ばかりやらされていたが、彼の演説を見てあまり理解できなかったことにまず落胆したのと、やはりレーガンってやるな、と2つの意味で敗北感を味わったのだった。
まあ、そんなことはどうでもいいのだが、この文は泣かせるのだ。


- I know it's hard to understand, but sometimes painful things like this happen. It's all part of the process of exploration and discovery. It's all part of taking a chance and expanding man's horizons. The future doesn't belong to the fainthearted; it belongs to the brave. The Challenger crew was pulling us into the future, and we'll continue to follow them.

- We'll continue our quest in space. There will be more shuttle flights and more shuttle crews and, yes, more volunteers, more civilians, more teachers in space. Nothing ends here; our hopes and our journeys continue.


今回の震災にあたり、菅さんからこの10分の1でもいいから、国民に勇気をあたえ困難を乗り越えてゆこう、という気にさせる話を聞きたかった。そこが原点でしょ、その向こうにどんな国を描くかは議論があっていいのだが、まず入り口を一緒にすることだけでも総理大臣がすべきで、そう考えるとやっぱり菅さんはいいことをして歴史に名を残したかったんだなと思う。それだったら総理大臣ではなく在野でやったほうが早いのだが、そこは権力がないとなにもできないという気持ちが強いんだろう。総理大臣はその力をみせるだけでよくて、本当の仕事はみんなでやるものだからね。方針を出す、そこに人心を集めすすめてゆくことが役目なのさ。朝いちに現地視察に行くのはいいけど、それでみんなが動きやすくなったか、それすらわからない。だったら動かず、演説でも考えていたほうがよかったのに。

菅さんは村上さんのいう卵の側にいたことは一度もないんだ、と思う。
つねに壁のほうにいきたくて、卵の側の力を使っただけ。
今回も震災を使ったね。

話がそれたが、力ある言葉、演説があればこの震災の復旧ももっとスピードがあがると思ってしまう。官僚とドライブしながら、国民を演説でひっぱった人がかつて総理大臣に居たことはいたけどね。
posted by ガレージランド at 14:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロージー滝川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。