2010年04月25日

タモリの『寺山修司』

寺山修司のものまねをするタモリを、寺山自身は「形ではなく、思考までを模写している点が他とは違う」と言っていたらしい。



寺山の覗き癖をかなり揶揄しているが、これをもっとデフォルメして「笑っていいとも」でやったらしい。それをハツさんが怒って、寺山にフジテレに抗議の電話をさせて、後日、タモリは「前日の番組の内容に不適切な点があったことをお詫びします」とわけのわからない謝罪をしたという。それは探しているが、誰もアップしていない。
その2年くらい前だったという。
フジテレビにはその後、ミスターシービーが皐月賞を取る時の、競馬中継にでていたから、関係は悪くなかったと推察している。

posted by ガレージランド at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

宇宙予算



知り合いに、なんとか量子力学だかなんだかで大学院で勉強したのに、派遣でSEの見習いみたいなことやっている人がいて、

彼曰く
「カネにならならない勉強が好きだったんで」

宇宙にあこがれる少年を尊ぶみたいな教育をやっているけど、現実的にはプアな結果なんだよな、ここでも大きな物語が終わっているという悲しい現実だよな。
posted by ガレージランド at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

「竜」出現



高橋克彦の「竜の棺」って本があって、これが分厚い本で。
でも面白いのですぐに読んでしまった。
で、続編、「新・竜の棺」ってのがあって、前作は現代社会が舞台だったが、今度は文明前の世界にタイムスリップ。
イシュタールの神の姿をした宇宙人と世界を飛び回って、大変なことに。日本神話の世界に飛び込む、イザナギの姿やいかに。話がいろいろすぎて説明できるようには記憶が積み立てられませんが、要は地球の文明は宇宙から来た、で、神話の世界は宇宙人の世界、つまり神は宇宙人なのだ、というのが話の柱。
その神の乗り物がロケット。
ロケットを打ち上げると、その煙をひきながら空高く上っていくのを竜の伝説として語り継がれたのだ、、、、。

こういう写真を見るとそれを思い出す。
この空に向かってなにかを打ち上げるのことに、なにか神の儀式を感じてしまうから見入ってしまうのか。
とにかくなにか原初的な静かな衝動を感じるのは、埋め込まれた記憶のせい?
とか、思ってしまうから高橋作品なんかをよく読んでしまったのだろう。

同じ作者の「総門谷」はさらにやりすぎなファンタジーなのだが、とうとうUFOが空にキリストの映像を映し出すという場面なんかはちょっと不気味だったな。そして月が巨大な宇宙基地で実は運転可能で地球に近づいてくるとか想像をかきたてられる場面を忘れられないので、秋の月を見てると早く近づいてこないかなとか密かに期待したりする。
ちなみのこの文庫本も分厚い。
posted by ガレージランド at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

宇宙人ジョーンズの新作 ゴリさんの「ゴリ」って

宇宙人ジョーンズが“七曲署・捜査一係”に
http://www.oricon.co.jp/news/photo/index.php?n_id=67008&p_id=p00200906170925812001245236039L&seq=4


ゴリさん、殿下、テキサス、ロッキー、そしてユウタロウ、「太陽にほえろ」に宇宙人ジョーンズ潜入と、見事な企画だ。
ゴリさんはエニオスのCMではゴリラと競っているが、こっちでは白髪を染めて若返ってる。あれだとゴリさんはゴリラに似ているからゴリさんってことになってしまうが、あれはごり押しのゴリさんのはずだが。
まあいいけど、この七曲署で缶コーヒーのCMやるのは2度目だろ?
「今日からお前はブレンディー刑事だ」って言っていたよ、長さんと。ブレンディ刑事にについてはこちらへ
しかしこのメンツでおもしろがれるのは、40歳以上の人だろうね、なにしろロッキーが死んだり生き返ったり、そしてまた死んだりしたのは30年前くらいのことだからね、ロッキーは長谷直美と職場結婚までしていたのに、殉職だもんな、ひでぇ。
竜さん、小野寺さんはそれぞれ個性的な役者となった。殿下は卒業の理由が、他の仕事が忙しくなったので、ということだったので、殉職でなくて交通事故だったよ、確か。ゴリさんとテキサスの殉職は血だらけですごかったな。勝野さんは「携帯捜査官」で親子で刑事をやっていたよ。
いつもなら宇宙人シリーズの話題の中心はトミーリーなんだが、今回ばかりは共演者に目が行ってしまう。
posted by ガレージランド at 16:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。