2017年03月14日

てててらやまにゅーす 映画『あしたはどっちだ、寺山修司』

寺山修司の実像に迫る映画『あしたはどっちだ、寺山修司』公開に向けてクラウドファンディング開始

クラウドファンディングの詳細は下記URL
https://motion-gallery.net/projects/terayama

寺山さんが亡くなったのは1983年、47歳のとき。
「墓など建てて欲しくない、ただ私の言葉が残れば十分」とか詩の中に遺言を残していましたが、墓はもちろん、記念館もあるし、今度は映画。
もちろん本人がでていた映画ができたわけではないようで、証言によって寺山を蘇らせようという映画のようで、京武さんまでおでになられている。

個人的には劇団でともに活動していた方々の話よりも、寺山が前に進むために後ろに投げ飛ばしっていた者たちが、どんな思いで寺山をみていたのかに大変興味がある。勝者にはなにもやるな、である。寺山自身は敗者を愛したが、それは実生活においてどうだったのか?
自身どこか心の底で敗者であるように思っていた人なのでは、という印象を私は最初からいだいていた。その飢餓感があれだけの疾走を強いたのだ、その飢餓感が友人を後ろに投げ飛ばしてしまうことを許したのだ、と理解している。
わかる、と思うのである。
posted by ガレージランド at 17:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺山修司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447910122

この記事へのトラックバック