2013年07月24日

八重の桜 会津開城を見終えて

会津は逆賊なんかじゃねえ、
俺はそう思うので、逆賊呼ばわりした方がおかしいと断言する。

城山三郎の小説に広田弘毅のことを書いた「落日燃ゆ」という小説がある。
広田は「戦犯」として東京裁判で処刑を科せられた。その小説の中で、戦争に負けた時か訴追された時かどこかで「これで薩長の政府は終わる」とつぶやくシーンがある。
薩長の藩閥政治は明治から継続し、敗戦し国土は荒廃し多くの人命が失われた。

会津開城の回の中ではところどころに官軍の驕りが見せられた。
それを戒めた西郷は「死者に恥じることない新しい国をつくらなければ」みたいなことを言う。
明治という国家は良くて、昭和という国家は変質しだめになった、というのは司馬遼太郎を親玉として、多くの人が言っていることである。しかし私はそれを否定はしないまでも、もっとよくその内容を知るべきだと思う。明治国家がどこまで良かったかというとそれは偶然の産物でしかなく、根本は正義を語る資格がない一部の人間たちが始めたのである。

反対勢力を逆賊に仕立て、追い込んで破滅させて行く。正義などあるのだろうか?

会津は逆賊じゃねえ、相当なレベルで歴史の一般的な命題を表している言葉である。
まあ、綾瀬はるかが言うから、2割3割価値があるように見えてしまったのかもしれない。
会津は逆賊ではない、これは明らか。権力戦争であった。
それなのに靖国神社には会津の戦死者は祀られておらず、遺族の意思に反しても前述の文民の広田は祀られている。
私たちが祖国として誇るべきこの国がこんなことでいいのかと思う。

会津の苦しみはその後も延々と続くのである。
旧陸軍の機構のなかで、会津にあった第二師団はガダルカナルの前線をまかされ、悲劇はここでも起こるのである。
そして現在福島全体が、復興が迷走し、放射能汚染に苦しむ。わが祖国の福島に対する仕打ちは酷いと思う。
posted by ガレージランド at 13:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ 映画 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370129779

この記事へのトラックバック